月一回のサロン 心身ともに自然に近づける そんなサロンあったらいいね
10 * 2017/11 * 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
03/03
今朝見た長い夢
長い長い夢を見ました。

始めは私の願望か感違いか、
昔、よく私は早とちりしていました。
その癖が残っていたのでしょう。

ある男性が、私の部屋にベランダから入ってきました。
最初はベランダの窓の外にいたのです。
うちのベランダはサンルームになっていて
その窓と部屋の窓と二つもあります。
私の部屋は三階のロフトです。
その時点でもうすでにおかしいのですが、
全くそうは思わなかったのです。
窓の外にいたのだから、窓の鍵を閉めれば
入ってこれないのに閉め忘れました。
というのは、その男性は既に顔見知りだったからです。
ジャニーズ系のかっこいい男性でした。

彼は窓を開けて閉めてという事をせずに
スーッと入ってきてベッドに座ったのです。
私はギョッとしました。

私はというと金縛りのように動けなくなっていました。
てっきり私はこの男性に襲われる(強姦)と
感違いしたのです。
私は思わず、やめて下さい!いやです!
と言いました。
そしたら、その男性はあっさりと
そうですか。それは残念です。
と言ってまた窓の外へスーッと出て行きました。
この時点でやっとここが三階である事に気づいたのです。
私はえー?と思いその男性の後を見守りました。
するとモモンガのように手足を広げて
フワフワと浮いておられました。
ここでやっと、あの方は私を迎えに来てくれたの?
と思いました。
ヤダ、連れてってと後を追いました。
屋根から落ちて死んじゃうかもなどとは思いもしませんでした。
ソシタラ、ナント
私は仰向けにフワフワと浮きました。
そしてなぜか高いビルの頂上にいるのです。
柵もない頂上で一瞬怖いと思いましたが、
その男性に着いて行きたい、上に行きたいという願望からか、
スーッと上に物凄いスピードで進みました。

そして、場面は一転します。
大勢の方がドレスアップして大きな会場、
教会のような所に集まっていました。
いろんな国の方々でした。
私もなぜかドレスを着ていました。
皆さんとても幸せそうで、中には手を取り合って、
嬉しそうに泣いて喜んでおられる方や、
お坊さんにカツを入れてもらってる方など。
最初はまばらだったのがどんどん数が増えて来て、
抱き合って喜んだり、カップルはチークダンスを踊ったり。

私は何が何だか訳が分からなかったのですが、
なんか良かったと思ったのです。
そして、どなたか前に立たれて何か
スピーチしようとされてるのを
聞くために全員が着席してシーンとなった所で
目が覚めました。

この夢には大きな意味があるように思います。
この夢で私の直すべきところに気づかせて頂きました。

早とちり、早合点する所。
これは、人の話をよく聞かない、
最後まで聞かない。
セッカチな証拠。

これでは的を得られないですね。
手放していきます。

夢のような日が早く来るといいですね。
そう思うとなんだかちょっとワクワクします。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 ナチュール〜ありのままに.
all rights reserved.