月一回のサロン 心身ともに自然に近づける そんなサロンあったらいいね
10 * 2017/11 * 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
08/11
嬉しい夢(^_^)
猛獣のはずの虎が!?

昨日の未明に見た夢です。

二階の寝室でブラン(愛猫)と私はいつも通り、
私はベッドで、ブランは出窓の窓際で寝ていました。

トントンとノックの音が聞こえ、
私はハイと首だけ持ち上げてドアの方を見ると、
そこには若い男の人と首輪で繋がれた虎がいました。

私は目を凝らして、と、とら!?と思った時、
その若者は首輪を外しながら、
私はこれから仕事に行くので、
この子をよろしくお願いしますと、
当たり前のように言ってました。
私はえー!?と思いましたが、
その虎は既に自由の身となり、
私の方に突進して来ました。

あー!私はこの虎の餌食となるんやと
目をグッと瞑りました。

ところが、身体に重みは感じるけど痛みはなく、
ん?と確かめてみると、
その虎は私に覆いかぶさってはいるものの、
噛むどころか、私の顔に自分の顔をスリスリ。
思わずドアの方を見ると若者は笑顔で
じゃ、よろしくねと👋を振って階段を降りました。

(何故か私は真っ裸)ハッとその事に気付き、
ですが、スッポリと私の身体は虎ちゃんに覆われていたので、
安心するとさらに虎ちゃんは私をギューっと抱きしめ、
好き好きと言葉ではないけれど伝わってきました。

そして、とてもその虎ちゃんを愛おしく思い、
私も腕をまわし、足を絡めてギューっと
羽交い締めにしました。
夢とは思えない位その心地よい感触を覚えています。
とても柔らかくフワフワとしてて…(^◇^)
そして、ああ、やっとこういう日が来たんだと
とても幸せな気持ちになりました。

そして、いつも、自分以外の動物を見ると
シャーっと歯をむき出して怒るブランも
キョトンとした顔で見てるだけでした。

そして、今度は夕方の設定でした。
その虎ちゃんはタキシードのような服をきて、
しかも二足歩行で、仕事に行ってきますと
ネクタイを締めながら言いました。
虎は夜行性ですからね(^_^)
私はさらにキョトンとして思いました。
男の子やったんや。えー!?仕事?
そこで目が覚めました。
不思議な体験でした。

私はいつも人間も動物も皆共存して、
殺戮の全くない、平和でおびえることなく
全ての生き物が安心して毎日を過ごせる
そして自由に平気で外を歩ける
そんな風になるといいなーと思っているからでしょうか。

そういう世界を体験させて頂きました。
ありがたいことですね。
とても幸せになりました。
目が覚める迄夢とは思えない位リアルな夢でした。
目が覚めなければよかったのにと一瞬思いました(≧∇≦)

この世界に戻り、
今度は私が仕事に行く準備をする番でした。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 ナチュール〜ありのままに.
all rights reserved.